高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?「サラリーマン金太郎」や「特命係長 只野仁」をはじめとするヒット作を生み出した俳優の高橋克典。プライベートでは、2004年に元モデルの中西ハンナさんと結婚しています。そして、ついに嫁との意外な馴れ初めが明らかに。さらに、子供の名前や幼稚園についても調べてみました。

Sponsored Link

高橋克典のプロフィール

名前:高橋 克典
読み:たかはし かつのり
生年月日:1964年12月15日
出生地:神奈川県横浜市
身長:175.8cm
血液型:O型
職業:俳優、ミュージシャン
事務所:ケイダッシュ

出典:wikipedia

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?

「サラリーマン金太郎」「特命係長 只野仁」をはじめとするヒット作を生み出し、歌手としても活躍中の高橋克典。

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

男らしいルックスと鍛え抜かれた肉体をもつので、女性人気も抜群です。

 
一方で、プライベートでは、2004年10月16日に元モデルの中西ハンナさんと結婚しています。

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

中西ハンナさんはドイツ人の父親と日本人の母親をもつハーフなので、写真を見て分かるようにかなりの美人です。

ただ、結婚後はモデルを引退し、家事や育児に専念しているとのこと。

 
そんな美人嫁との年齢差は15歳なので、いわゆる年の差婚だと話題になりましたね。

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

2人の馴れ初めは、バンドメンバーからの誘いで参加した合コンでした。

高橋克典は嫁を見た瞬間に「ビビッ」ときて運命の人だと感じましたが、嫁は高橋克典に対して「マイペースで感じが悪い人」という印象だったそうです。

とはいえ、結婚まで至っているので、高橋克典の直観は確かだったということですね。

 

ところで、挙式は青山学院の礼拝堂で挙げましたが、高橋克典は「婚約指輪はいらない」と考え、渡さないつもりでいたそうです。

しかし、当日になって「やっぱり、渡さないと一生言われ続けるかも」と思い直し、あわてて手配することに。

そして、なんとか指輪を用意できたものの、ロマンチックな渡し方はせず、メイク中の嫁の側にそっと置いて、離れていったそうです。

高橋克典は意外にシャイのようで、「指輪を受け取った時の顔を見るのが恥ずかしい」と考えていたことを明かしています。

 
ちなみに、婚約指輪を選ぶにあたって、モデルの梅宮アンナにアドバイスを求めたそうです。

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

高橋家と梅宮家は親戚関係にあるので仲がよく、これ以上ない相談相手でしょう。

梅宮辰夫も高橋克典のことを息子のように可愛がっており、釣りに行くなど、交流が盛んのようですよ。

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

【関連記事】
中越典子と永井大の馴れ初めと衝撃フライデー!?今明かされる意外な熱愛過去!?

蛯原友里の旦那・イルマリがうっとうしい!?妹の子供は顔も名前も美人!?

Sponsored Link

子供の名前や幼稚園が明らかに!?

さて、2人の間には、2008年10月27日第1子となる男児が誕生しています。

子供が生まれた直後は実感がわかなかったそうですが、子育てをするうちに、いつしか子煩悩の父親に変身しました。

例えば、こどもの日には仮面ライダーのベルトを買ってあげたり、ヒーローショーを子供と観覧する姿が目撃されていますので。

 

高橋克典の子供なので、イケメンであることは間違いないと思いますが、写真や名前は公表していないようです。

ただ、青山学院幼稚園に通い、2015年4月青山学院初等部に入学したと言われています。

高橋克典と嫁・ハンナの意外な馴れ初めとは!?子供の名前や幼稚園が明らかに!?

実は、高橋克典は小学校から大学まで青山学院に通っていたお坊ちゃんであり、挙式を青山学院の礼拝堂で挙げたことからも、青山学院に思い入れがあると考えられます。

高橋克典の母親が青山学院女子短期大学名誉教授を務めていることも、それを裏付けています。

 

ちなみに、青山学院初等部の同級生には、篠原涼子・井浦新・阿部慎之助の子供がいるそうです。

【関連記事】
篠原涼子が略奪旦那との年の差に苦悩中!?子供の名前と幼稚園がどこか判明!?

井浦新の嫁は政治家の娘・山本あいと判明!?子供の画像をついに大公開!?

 

高橋克典といえばやんちゃなイメージがありますが、嫁と子供がいる今となっては、すっかり過去のこと。

子供のことを考えて「特命係長 只野仁」のような大人向け作品への出演をためらうこともあるようですが、これからも高橋克典の「味」を大事にして、活躍を続けて欲しいと思います。

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

コメントを残す