橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?映画「桐島、部活やめるってよ」や連続テレビ小説「あまちゃん」で抜群の演技力を披露した橋本愛。私生活では、落合モトキとの熱愛が報じられ、恋の行方にも注目が集まっているようです。また、映画「貞子3D」で演じた貞子がかわいいと評判で、宣伝のために始球式にも登場していたようです。

Sponsored Link

橋本愛のプロフィール

名前:橋本 愛
読み:はしもと あい
出生地:熊本県
身長:165cm
血液型:O型
職業:女優
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?

橋本愛の熱愛相手として、落合モトキが浮上しています。

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?

2013年5月の深夜、コンビニで買い物を済ませ、橋本愛の自宅マンションに向かう2人の姿がフライデーされたのです。

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?

ときおり見つめ合っては笑うを繰り返し、かなり熱々な状態。

2人は映画「桐島、部活やめるってよ」(2012年)や「あまちゃん」(2013年)で共演し、友達期間を経て交際に発展したそうです。

しかしながら、フライデー直後に破局が報じられることに。

 

破局理由は、事務所の圧力だと言われています。

橋本愛は当時17歳でしたが、有名なバーでも目撃されているので「未成年飲酒疑惑」が浮上してしまったのです。

バーでソフトドリンクを頼んだというのは少々苦しい言い分でしょう。

そうでなくても、17歳の売れっ子女優が深夜デートをしていることはイメージダウンに繋がるので、強制的に破局させられたということです。

また、ファンからの批判も多く、お相手の落合モトキのブログは批判コメントで炎上してしまい、コメント欄を閉鎖する事態にまで発展しているのです。

 

なので、関係修復は絶望的かと思いきや、打って変わって復縁が噂されているようですね。

発端は2013年秋、またも深夜に新宿でふらふら歩き回る橋本愛の姿が目撃されたことです。

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?

この日は前田敦子主演の映画「もらとりあむタマ子」を鑑賞しましたが、その後大学生集団に発見され、追いかけられるアクシデントがあり、少々荒れていた様子。

そして、突如として地下鉄に乗り込み、慣れた様子で落合モトキの自宅マンションの最寄り駅で降りました。

駅を降りるやいなや警戒心を一気に強め、周囲をキョロキョロと見回しながら、人気のない路地を選んで落合モトキの自宅方面へと消えていったそうです・・

Sponsored Link

かわいいと評判の貞子が始球式!?

2012年4月25日、東京ドームでの北海道日本ハムファイターズ 対 千葉ロッテマリーンズの始球式に貞子が登場したことが話題になりました。

実は、後日上映される映画「貞子3D」の大々的な宣伝の1つとして始球式に登場したのです。

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?

 
こちらは始球式の様子ですが、貞子役は橋本愛が演じたので、始球式に登場した貞子も橋本愛なのでは?という噂が浮上することに。

橋本愛の熱愛相手・落合モトキの恋の行方!?かわいいと評判の貞子が始球式!?

投球後には力尽きて倒れてしまいましたが、アドリブなのでしょうか?

貞子が始球式に登場、ノーバウンドでミットに届くも力尽きてダウン

 
始球式の貞子に対してネットでは、

・貞子かわいい^ ^

・多分、橋本愛だと思います。

・貞子の役を演じていた、橋本愛だと思います。女性の体格なので。

・顔がちょっとシャクレてると思ったら本人がやってたんだな。

・映画「リング」で貞子を演じていた伊野尾理枝さん。

など様々な意見が飛び交い、橋本愛伊野尾理枝の名前が挙がっているようですね。

ちなみに、貞子の始球式は大人気で、「貞子かわいい^ ^」「貞子の歩き方かわいい」など貞子のかわいらしい動きにも注目が集まりました。

 

ところで、貞子役を演じた女優は売れっ子になるというジンクスがあるようですが、橋本愛もジンクス通りにブレイクしているところが凄いですよね。

・「桐島、部活やめるってよ」(2012年)
・「あまちゃん」(2013年)
・「若者たち2014」(2014年)

仕事や恋愛でパンクしてしまったのか、激太り・劣化だと話題になったこともありますが、うまく自分をコントロールして、さらなる飛躍を目指して欲しいと思います。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す