瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?バンドのRINOがなぜ脱退!?

瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?バンドのRINOがなぜ脱退!?「ソニー損保」のCMでお馴染みの瀧本美織。女優・歌手・タレントなど幅広く活躍しています。私生活では、藤ヶ谷太輔とフライデーされてしまいましたが、一部ではリーク説がささやかれているようです。また、瀧本美織が参加するガールズバンド「LAGOON」のRINOはなぜ脱退してしまったのでしょうか?

Sponsored Link

瀧本美織のプロフィール

名前:瀧本 美織
読み:たきもと みおり
生年月日:1991年10月16日
出生地:鳥取県鳥取市
身長:162cm
血液型:O型
職業:女優・歌手・タレント
事務所:スターダストプロモーション

瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?

2015年6月瀧本美織とKis‐My‐Ft2の藤ヶ谷太輔の交際がフライデーされました。

瀧本美織が藤ヶ谷太輔の自宅マンションに週1回のペースで通っていることが判明し、マスク姿で藤ヶ谷太輔の自宅に向かう姿が目撃されたのです。

 
2011年のドラマ「美男ですね」での共演がキッカケで、交際に発展したそうです。

瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?バンドのRINOがなぜ脱退!?
 
しかし、それ以上に、藤ヶ谷太輔に対する事務所の異例の対応に注目が集まることに・・

ジャニーズといえば、熱愛報道に対して否定的なコメントが多いとされていますが、今回は

プライベートなことについてはお答えできません

あいまいなコメントを出したからです。

なので、一部では「ジャニーズサイドからのリーク」との見方もあるようですね。

 

ジャニーズは「ジャニー喜多川社長の後継者問題」が取り沙汰されており、最有力候補は社長の姉であるメリー喜多川副社長の娘である藤島ジュリー景子氏

瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?バンドのRINOがなぜ脱退!?

対抗馬と言われているのが、SMAPの育ての親と言われるI女史

そんな中、2015年にメリー喜多川副社長は、週刊誌のインタビューに対して「後継者は娘のジュリー氏」と断言するとともに、対抗馬のI女史に対して「娘と対立するのなら出て行ってもらう」と誌上宣告したことが波紋を広げました。

この状況下で、I女史が手掛ける藤ヶ谷太輔の交際が報じられ、かつ交際を否定しないという異例の対応をとっているので、なんとなく怪しいと見られているのです。

つまり、対立する派閥に属するタレントである藤ヶ谷太輔のスキャンダルを売り、イメージダウンと狙ったという見方です。

Sponsored Link

とはいえ、実際は複雑ではなく、AKB48のスクープを狙っていたら、たまたまキャッチできたとも言われているので、あくまで噂に過ぎません。

それに、相手がイメージの良い瀧本美織だからか、藤ヶ谷太輔のイメージにそれほど変化はみられなかったようです。

ただ、瀧本美織のブログには藤ヶ谷太輔ファンからのコメントが殺到し、炎上する事態に発展したので、瀧本美織はとんだとばっちりですね。

【関連記事】
観月あこと錦織圭の乗り換えデート画像!?元彼は玉森でフライデーの過去!?

バンドのRINOがなぜ脱退!?

ところで、瀧本美織率いるガールズバンド「LAGOON」でギターを担当するRINOが、2015年6月末に脱退したことに対して「なぜ?」の声が殺到しているようです。

瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?バンドのRINOがなぜ脱退!?

「LAGOON」はソニー・ミュージックレコーズが企画する「女性の夢を叶える応援プロジェクト」から誕生。

瀧本美織と藤ヶ谷太輔のフライデーにリーク説が!?バンドのRINOがなぜ脱退!?

オーディションを通じて集まった、異なる職業に就く音楽したい女子により、「二足のわらじをはくガールズバンド」として2014年11月に結成されました。

デビュー曲「君の待つ世界」も好評で、瀧本美織の清楚なイメージとのギャップに驚いたファンは少なくありません。

LAGOON 『君の待つ世界 Short ver.』

 

話題性十分で、これからという時期でしたが、RINOは「方向性の違い」を理由に脱退しました。

「一児の母として、そしてアーティストとして2足のわらじで精一杯頑張ってきましたが、目指すべき音楽性についてメンバーやスタッフと話し合った結果、方向性の違いにより別の道に進む結果となりました」

「方向性」が具体的に何を指すのかは語っていませんが、RINOは29歳なので、アイドル・ガールズバンドというよりは、落ち着いた普通のバンドをやりたかったのかもしれませんね。

その点では、RINO以外の4人は20代前半なので、自身がガールズバンドを名乗り活動することに違和感は無いのでしょう。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す