長谷川博己と鈴木京香のフライデーをぶち壊した女!?父は大学教授で疎遠中!?

長谷川博己と鈴木京香のフライデーをぶち壊した女!?父は大学教授で疎遠中!?2010年のドラマ「セカンドバージン」で鈴木京香と不倫に落ちる年下男性を演じてブレイクした長谷川博己。鈴木京香とは私生活でもフライデーされる関係になり、結婚秒読みと言われていましたが、破局説が急浮上。なんでも、あの女がぶち壊したという噂が。また、偉大な大学教授である父とは疎遠中で・・。

Sponsored Link

長谷川博己と鈴木京香のフライデーをぶち壊した女!?

2010年10月のドラマ「セカンドバージン」での共演がキッカケで交際に発展した長谷川博己と鈴木京香。

長谷川博己と鈴木京香のフライデーをぶち壊した女!?父は大学教授で疎遠中!?

2011年に交際が発覚し、2012年には半同棲状態だと報じられました。

さらに、2015年6月にポリネシアのリゾート地・タハア島への婚前旅行が目撃されましたが、7月末には同棲解消が報じられて破局説が急浮上。

結婚秒読みと言われていたので関係者も驚きを隠せませんが、思い当たるフシはあるようです。

 

実は、2014年夏に長谷川は仕事用に別途マンションを借りており、仕事関係者に「交際を続けるために1人になる時間が必要」と漏らしていたそうです。

まるで、結婚に向いていない性格ということをほのめかしているかのようです。

また、2014年秋には鈴木の母が病気になったので、母をマンションへ呼び、周囲に「もうフランクな関係でいい」と話していたとか。

なので、年上妻が夫を育て上げたとたんに夫が離れていくケースに該当するという見方が。

 

このように様々な要因が絡んで同棲を解消したと言われていますが、関係者は「決定打は長谷川の浮気」だと熱く語ります。

長谷川は意外にも肉食系で、鈴木をはじめ共演者を口説くことで知られているそうです。

そんな長谷川が夢中になったのが、モテ女の石原さとみ

長谷川博己と鈴木京香のフライデーをぶち壊した女!?父は大学教授で疎遠中!?

石原とは2015年の映画「進撃の巨人」で共演しており、共演者を虜にする「魔性の女」と言われるフェロモンで、逆にメロメロになってしまったようです。

特に効果的だったのは、甘える声で「ハセキョン」と呼びながらのボディタッチ。

休憩中には目を輝かせながら顔を近づけて話したり、LINEを交換して食事にも出かけたそうです。

 
しかしながら、あっさりフラレてしまい、映画がクランクアップした瞬間に連絡が取れなくなってしまったとか。

どうやら、石原が長谷川と仲良くしていたのは、映画でヒロインのミカサ役を演じる水原希子へのライバル心であり、長谷川は女の戦いに利用されただけのようです。

【関連記事】
水原希子と石原さとみの不仲説の意外な真相!?好き嫌い真っ二つに分かれる理由!?

Sponsored Link

ただ、不運なことに、鈴木と仲良しのスタイリストが2人のやりとりを見ていたので、全て鈴木に筒抜け状態。

鈴木は「女性関係も芸の肥やし」と考えて見守っていましたが、長谷川はなかなか結婚に踏み切りません。

そんな中、若い女性に夢中になっていることを知ってしまい大激怒。

 

そして破局説を裏付けるように、最近鈴木が石原さとみに共演NGを出したという噂が。

一方で、長谷川は「壊れた」という理由で携帯を買い替えたそうですが、本当は「壊されたのでは?」と笑い話になっているとか。

 
しかし打って変わって、同棲を解消したのは鈴木の母の看病のためであり、破局報道は映画「この国の空」の宣伝のための話題作りだという見方も・・

【関連記事】
岩田剛典が石原さとみにアドリブでキスを!?本命の彼女は一般人か!?

小栗旬と石原さとみはお似合いで「さとみるく」!?彼氏はカメラマン!?

父は大学教授で疎遠中!?

ところで、長谷川博己の父は長谷川堯(はせがわ たかし)さんといい、建築史家であり建築評論家でもあります。

さらに、武蔵野美術大学名誉教授を務める偉大な人物なのです。

長谷川博己と鈴木京香のフライデーをぶち壊した女!?父は大学教授で疎遠中!?

1960年 早稲田大学第一文学部卒業

1975年 「都市廻廊」で毎日出版文化賞

1977年 武蔵野美術大学助教授

1979年 「建築有情」でサントリー学芸賞受賞

1986年 日本建築学会賞受賞

なので、父が東京・八王子市の実家を設計したり、物心がつく前から映画に連れて行ってくれたそうですよ。

ただ、父とは意見が合わず、母とは宗教問題があり、疎遠中だと言われているので、結婚などおめでたい話題で関係を改善できるといいですね。

【関連記事】
田中みな実の父親の職業が凄すぎる!?姉は東大出身のエリート!?

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

コメントを残す