石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?「奇跡の40代」と言われるいつまでも美しい石田ゆり子。実妹で女優の石田ひかりと個人事務所「風鈴舎」を立ち上げ、社長兼女優として活動しています。ところで、過去に熱愛が報じられた石黒賢とドラマで共演することが密かに話題になっており、熱愛再燃という噂も。また、結婚まで到達しない意外な理由とは!?

Sponsored Link

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?

高校1年生の時、自由が丘の亀屋万年堂の前でスカウトされ、モデルになった石田ゆり子。

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

ドラマ「101回目のプロポーズ」や「Dr.コトー診療所」、「医師たちの恋愛事情」など、多くの代表作をもちます。

歳を重ねても自然で透明感があるので、「奇跡の40代」と言われる女性の憧れの存在ですよね。

 
ところで、かつて熱愛が報じられた石黒賢とのドラマ共演が密かに話題になっているようです。

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

3歳年上の石黒との出会いは、1992年のドラマ「さよならをもう一度」での共演。

お似合いで結婚も噂されましたが、石黒の賭け事に愛想を尽かした石田から1994年頃別れを告げたと言われています。

また、石田の父親はとても厳しい方のようで、上記問題を抱えた石黒は「問題外」だと大反対されていたそうです。

父親としては当然の対応だと思いますが、実妹で女優の石田ひかりの結婚時も反対していたそうなので、どんなお相手でも反対するのかもしれませんね。

 
一度決別した2人ですが、2015年秋の特別ドラマ「ハッピー・リタイアメント」で共演することになり、熱愛再燃か?とささやかれているとか。

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

2人は主演の佐藤浩市とチームを組むので、行動を共にすることが多いでしょう。

https://twitter.com/puni_chan/status/625889578855956481
 
ただ、石黒は成城大学時代に学内でも有名な美女だった石黒明子さんと1997年結婚し、

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

連れ子の長女と、実子の息子2人、合わせて3人の子供の父親としてイクメンぶりを発揮していたので、再燃することはないハズです。

【関連記事】
松雪泰子と元旦那・GAKUの意外な離婚理由!?再婚は弟・松雪陽と高村晃平次第!?

Sponsored Link

結婚まで到達しない意外な理由!?

ネット上で石田ゆり子派と永作博美派に分かれて「どっちがいいのか?」というバトルが繰り広げられるなど、名実ともに「芸能界40代美女」の代表格である石田ゆり子。

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

可愛らしくて綺麗な40代

色っぽいんだけど、いやらしくない。
綺麗だけど、かわいらしい。
清潔感もあって本当に素敵~

実はすっぴんまで綺麗で、性格もおしとやかなので、まさに男性の理想を凝縮した女性だと言えるでしょう。

石田ゆり子と石黒賢が共演で熱愛再燃!?結婚まで到達しない意外な理由!?

にも関わらず、結婚に到達しないのには、意外な理由があるようです。

 
まずは、あまのじゃく・頑固・保守的という性格面。

例えば、流行モノが嫌いなので人気店を避けたり、ハロウィンなどの一大イベントは恥ずかしくて参加できなかったり、日が暮れるとすぐに可愛い犬と猫が待つ自宅に帰る大の自宅好きなのです。

 
次に、意外な趣味嗜好。

一見すると可憐な印象を受けますが、自称「スポ根女」で、台車・かなづち・フックなどの道具類を眺めるだけで幸せな気持ちになるほどの「道具フェチ」という一面も。

40女に台車は必要不可欠
フックが1個あるかないかで生活が変わる

 
その上「マイペース」なので、アプローチに気付かなかったり、交際相手は年上だけという強いこわだりもあるそうです。

 

性格・趣味嗜好・男性へのこだわり・・結婚に限ると課題はありそうですが、性格が良いことは間違いないので、本人の気持ちが鍵を握っていると感じます。

そう考えると、以前テレビで「結婚にメリットを感じない」と話していたので、決定的な理由がない限りは結婚しないのかもしれません。

 
一部メディアでは、「超大物芸能人夫妻の夫とずっと不倫している」という不倫疑惑が報じられていますが、真相はいかに。

なぜ結婚しないかというとある超大物芸能人夫妻の夫とずっと不倫している。その夫の方と結構長くて、ずっと結婚したがっているからです

出典:Asagei+

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す