西内まりやの姉・ひろの意外なデビュー経緯!?ミスユニバースへの意外な動機!?

西内まりやの姉・ひろの意外なデビュー経緯!?ミスユニバースへの意外な動機!?西内まりやの姉で、モデル・タレント・女優として活躍中の西内ひろ。グラビアやエアギター、歌手グループなど様々なことに挑戦し、一時期は自分を見つめ直す一人旅に。デビューの経緯は妹絡みかと思いきや、意外な人物が鍵を握っていました。また、ミス・ユニバースに挑戦した意外な動機とは!?

Sponsored Link

西内まりやの姉・ひろの意外なデビュー経緯!?

西内まりやの5歳年上の姉で、16歳で芸能界入りした西内ひろ。

西内まりやの姉・ひろの意外なデビュー経緯!?ミスユニバースへの意外な動機!?

デビュー当時の芸名は、本名の西内裕美でした。

2005年第1回「ミス週プレ」準グランプリを受賞し、グラビアを中心に、タレント、モデル、女優まで幅広く活動。

2008年には歌手グループBeForUに加入し、2009年には「トリンプ・イメージガール」に選ばれています。

順調に活躍の場を広げていましたが、21歳(2010年の時に「夢を叶えたと思ったが、将来を考えて大きな壁を感じた」「業界の事だけではなく、人としてもっと多くの事を知りたい」と考え、一旦芸能界を離れます

そして同時に「人見知りでメンタルが弱い自分をリセットしたい」とも考えていたので、アメリカ、シンガポール、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、モロッコを一人旅しながら自分を見つめ直すことに。

旅では人々の優しさやポジティブマインドに触れ、思いがけない自身の強さにも気付くなど、収穫は多かったそうです。

 
旅を終えると、2012年3月にイトーカンパニーに移籍して、心機一転「西内ひろ」に改名。

再始動間もない2013年12月には「2014 ミス・ユニバース・ジャパンコンテスト東京大会」でグランプリを受賞し、東京代表に選ばれました。

西内まりやの姉・ひろの意外なデビュー経緯!?ミスユニバースへの意外な動機!?

そして、2014年3月に東京代表として「2014 ミス・ユニバース日本大会」に挑み、準グランプリを受賞しています。

西内まりやの姉・ひろの意外なデビュー経緯!?ミスユニバースへの意外な動機!?

様々なことに挑戦し、時には自分を見つめ直す時間をとるなど、人生や仕事に対して非常に真剣に向き合っていることが分かりますね。

 
さて、西内まりやの姉なので、妹絡みでデビューしたのかと思いましたが、実は先にデビューしています。

デビューの経緯は意外にも、アルバイトをしていたお笑い芸人のオモロー山下(元お笑いコンビ・ジャリズム)に福岡でスカウトされたこと。

多くの女優やモデルを間近で見てきた芸人の目に留まるほどなので、当時から光るものがあったのでしょう。

Sponsored Link

ミスユニバースへの意外な動機!?

さて、「2014 ミス・ユニバース日本大会」で準グランプリを受賞した際、初エッセイ「準グランプリ」を発売し、都内で出版記念記者会見を開催しています。

記者会見では、ミス・ユニバースに挑戦した2つの動機を赤裸々に告白しました。

 
1つ目は、妹・西内まりやに先を越されたから。

具体的には「先に知名度が高くなった」ことを指しており、妹が日本で活躍しているなら、姉としてのプライドから世界に出ていこうと考えたそうです。

実際、良い意味でのライバル心はあり、「妹に追いつきたい」という前向きな気持ちのお陰で準グランプリを獲得できたと言います。

 
2つ目は、世界に役立つことをやりたいから。

海外を一人旅した際、「子供の貧困をはじめ、各国の現状を目の当たりにした」ことで、使命感が芽生えたとのこと。

 
このように非常に向上心が高いので、「絶対、芸能界で生き残りたい」という強い気持ちをもっていることを、2015年2月の「櫻井有吉アブナイ夜会」で告白しています。

売れるためにジョギング・トライアスロン・ジム・ダンス・英会話など、ストイックな努力を重ねていると言いますが、有吉は「ストイックすぎる」と指摘。

視聴者は「テレビ見て『あいつダメだなぁ』って言いたい。完璧な人は見たくない」と言うのです。

頑張り過ぎていた西内ひろにとって、目からうろこのアドバイスでした。

 
また、「事務所の力も大きい!?」という芸能界の真理や、妹への秘めたる嫉妬心にも触れています。

もともと美貌やスタイルに恵まれている上に努力家なので、改善できる部分は改善し、ますます活躍して欲しいですね。

【関連記事】
西内まりや 目の内斜視が可愛さの秘密!?歌はうまい・ダサいと賛否!?

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

コメントを残す