新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?女優・モデルとして活躍中の新木優子。初対面の人からは、「近づきがたい」と言われることがあるものの、実際は明るくてフレンドリー、寂しがり屋な性格なのだと言います。そんな新木がオーディション受験によって発見した自分の意外な一面とは!?また、かつて嫉妬していたももクロからもらった驚きの手紙とは!?

Sponsored Link

新木優子がオーディションで自覚した性格!?

小学生の時に原宿竹下通りでスカウトされ、芸能界デビューした新木優子。

2008年5月の映画「錨を投げろ」で女優デビューにして主演に抜擢され、アイドルファンの男性を中心に注目を集めました。

そして、2014年には、雑誌「non-no」の専属モデルになり、女子中高生を中心として、女性からも注目される存在になり、ファッションのタイアップやCMなど、仕事の幅がどんどん広がっていきました。

例えば、すかいらーく「ガスト」、日産自動車「デイズ」、クラシエ「いち髪」、au「Hello, New World.」といったCMに立て続けに出演し、その度に「あの美女は誰だ!?」と話題になっています。

そして極めつけは、2015年「ゼクシィ8代目CMガール」に抜擢されたこと。

新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

新木は身長165cmとスタイル抜群で、可愛さと綺麗さが共存しており、なにより花が咲いたような笑顔が魅力的なので、ウェディングドレス姿がとても似合っていましたね。

ゼクシィのCMといえば、過去には、初代の加賀美セイラ、2代目の加藤ローサ、4代目の倉科カナ、7代目の広瀬すずらを輩出している、「若手の登竜門」とも呼ばれているCMです。

ですので、新木への注目度は日に日に増すばかり。

ゼクシィ新CMガールの新木優子に、新婚・椿鬼奴が「時間はあっという間」とアドバイス

一方で、女優としての活躍も目覚ましいものがあります。

例えば、2013年8月の映画「スクールガール・コンプレックス-放送部篇-」では、門脇麦が演じる転校生と禁断の関係を持つレズビアンの江里口フタバ役を好演していますので。

『スクールガール・コンプレックス~放送部篇~』予告編

また、2016年には、見ると幸せになれるというバラエティ番組「1個だけイエロー」のMCを務めているので、今後も多方面での活躍が期待できるでしょう。

ところで、新木といえば、「人を幸せな気持ちにさせてくれる花が咲いたような笑顔」が魅力的ですが、意外にも初対面の人からは「近づきがたい」と言われることがあるようですね。

まさに女優でモデルといった美貌とスタイル、そしてクールな真顔などの外見が、そういった印象を与えているようです。

しかし実際は、自分から積極的に話しかけていく明るいタイプなので、新木と話した人が抱く印象は、「元気で明るいんだね!」といったように、一気に良くなっていくそうですよ。

新木自身も、自分の性格を「人見知りしない」「明るい」「フレンドリー」、さらに、「寂しがり屋」と自覚しているのだと言います。

そんな中、オーディションを受験するうちに、自覚していなかった意外な一面を発見できたのだそう。

自覚していなかった意外な一面とは、「負けず嫌いな性格」です。

例えば、オーディションで落選した時には、それに納得はしていても、やはり悔しい気持ちが湧いてくるそうです。

オー ディションで落ちて別の人が出ている作品を見ると「この子がやったんだな」って納得しても、やっぱり悔しさがあります。

「もしかしたら自分がここにいたの かも」と思うと、「どうすればよかったのか」を反省します。

出典:しらべぇ

ですが、「悔しい」で終わらせず、きちんと反省して、反省点を次のオーディションや仕事に活かすことを忘れていません。

つまり、悔しさをバネにできるタイプということです。

また、新木は、今後時代劇に挑戦したいと語っているのですが、その理由は、時代劇に登場するような「強い女性」を演じることによって、自分の中に「強さ」を取り込みたいから。

自分の中に「強さ」を取り込みたい。

こういった考え方ができるのは、自分に対しても仕事に対しても真剣だからこそ。

1993年生まれという若さながら、ここまで自分の考えをしっかり持っていることは、本当に凄いことだと思います。

女優として生きていくためには、ビジュアルの良さはもちろん、真面目さや芯の強さも大事だと思うので、そういった意味でも伸びしろは抜群だと思います。

ですので、新木のイメージ通りの「今時の若い女性役」はもちろんのこと、「一本芯の通った女性役」も見てみたいですね。

【関連記事】
新川優愛が意外な芸人を好きだと明かして大惨事!?大食いはまさかの嘘だった!?

Sponsored Link

嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

さて、新木とももいろクローバーZは、同じ「スターダストプロモーション芸能3部」に所属しています。

ですので、新人時代には一緒にダンスレッスンを受けてきた旧知の仲。

特に、ももクロの若大将で黄色担当の玉井詩織が優しくダンスを教えてくれたそうですよ。

新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

ダンス音痴な私にいつもダンスの個人レッスンで優しく教えてくれるのはしおりんでした

出典:Yuko Araki Official Blog

それに、新木は、ももクロの路上ライブ時代からモノノフなのだと言います。

ですが、ももクロが先に大ブレイクしたので、友人として嬉しく思いつつも、どうしても自分と比べてしまい、嫉妬心が湧いてきたそうです。

このエピソードが語られたのは、2015年7月12日放送の「行列のできる法律相談所」

この日は「妬み嫉みの相手を実名告白SP」ということで、ゲストが笑いや感動を交えて「妬み嫉みエピソード」を次々に披露しました。

新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

新木が妬み嫉んだ相手は、もちろん「ももクロ」です。

当時は仕事があまりなかった新木に対して、路上ライブからスタートして、2010年にメジャーデビュー、そして2012年には悲願であった紅白歌合戦出場を果たしたももクロ。

活躍の場が異なるとはいえ、当時は思春期ですし、あまりにも大きな差がついてしまったので、嫉妬心が湧いてくるのは無理もないでしょう。

しかも、新木のマネージャーの机の上は、ももクログッズだらけだったので、ももクロにマネージャーを奪われた気分にすらなったそうです。

新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

とはいえ、今では新木も大人になり、ブレイクもしているため、心のモヤモヤは晴れているというので、一安心です。

そして、こういった新木の複雑な心中が語られた後には、この話を知らされたももクロから新木に宛てた手紙が紹介されました。

新木優子がオーディションで自覚した性格!?嫉妬したももクロからの驚きの手紙!?

ももクロからの手紙には、

「正直、優子ちゃんの方がイイ仕事をしていると思うので、全然嫌味にしか聞こえません!!」

「ゼクシィやりたい ヒールをはいて気取りたいです」

「優子ちゃんは事務所に推されてると思います」

といった、相手の良いところに目を向けて、笑いを交えていくももクロらしい内容が書かれていました。

そして手紙の最後では、「大事な話をさせて下さい」と改まったかと思えば、番組に出演する北村弁護士に対して「トラブルに巻き込まれた時はよろしくお願い致します」という驚きのオチで締めくくっています。

新木がももクロに嫉妬していたのは本当ではあっても、テレビで「嫉妬していた」と言えるのは、仲が良いからこそ。

それに、新木はももクロについて、「本当にいい子達で、デビューする前も後も何も変わらないので、そういった裏表ない人間性がファンの心を掴んでいるのだと思う」と絶賛しています。

ですので、今後も、仲良しでありながらも、切磋琢磨し合えるよい関係を築いていけることでしょう。

新木とももクロの共演も楽しみでなりません。

【関連記事】
北乃きいが自らスカウトした女優の正体!?ももクロファン(モノノフ)で推しは誰!?

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す