黒島結菜の意外なデビューのきっかけ!?眉毛、髪型、演技があの大物を彷彿とさせる!?

黒島結菜の意外なデビューのきっかけ!?眉毛、髪型、演技があの大物を彷彿とさせる!?

女優、タレントとして活躍中の黒島結菜。デビュー間もない2013年11月から放送された「NTT docomo LTE」のCMで注目を集め、一躍売れっ子に。そのポテンシャルの高さは目を見張るものがありますが、デビューしたきっかけは意外なもの。また、印象的な目、眉毛、髪型、そして演技があの大物女優を彷彿とさせると話題に。

Sponsored Link

黒島結菜の経歴

地元・沖縄で開催されたウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで沖縄美少女図鑑賞を受賞し、「沖縄美少女図鑑」に出ることになった黒島結菜(くろしま ゆいな)。

「沖縄美少女図鑑」の撮影では、綺麗にメイクをしてもらって、綺麗な服を着ることができたので、とても楽しかったそうです。

そのため、事務所に入ることを決めて、沖縄でモデル活動を開始した黒島は、2012年4月からNHK Eテレの「テストの花道」に出演し、2013年1月の映画「ひまわり~沖縄は忘れない、あの日の空を~」で女優デビュー。

そして同年、2013年11月のCM「NTT docomo LTE」にて、待ち合わせ場所になかなか来ない彼氏を待つ少女の感情をリアルに表現したことが話題になり、一躍注目の的に。

黒島結菜の意外なデビューのきっかけ!?眉毛、髪型、演技があの大物を彷彿とさせる!?

ここで注目を集めた黒島は、2014年7月のドラマ「アオイホノオ」2014年10月のドラマ「ごめんね青春!」といった話題作への抜擢が続きます。

「ごめんね青春!」では、しっかりものの生徒会長兼学級委員・中井貴子役を演じ、黒島がもつ芯の強さをハッキリと感じ取れる演技を見せ、視聴者を釘付けに。

2015年に入るとさらなる飛躍を遂げていて、「連続テレビ小説 マッサン」「大河ドラマ 花燃ゆ」に出演、さらに2015年3月には、過去に長澤まさみや能年玲奈らを起用して、「若手女優の登竜門」とも言われる「カルピスウォーター」のCMキャラクターに抜擢。

抜擢された理由は、フレッシュな存在感とキラキラ輝く瞳が視聴者の胸をときめかせること間違いないから。

黒島結菜の意外なデビューのきっかけ!?眉毛、髪型、演技があの大物を彷彿とさせる!?

実際のところ、「海の近くで 初夏」篇における男子と同様、爽やかかつ、少し小悪魔な黒島に心を奪われた男性は大勢いたはず。

男子の心を見透かしているかのように黒島が言う「何見てんの?」という台詞、そして笑顔の破壊力は抜群でした。

黒島結菜、12代『カルピスウォーター』キャラクターに抜てき 『カルピスウォーター』TVCM「海の近くで 初夏」篇

黒島はこのCMでの演技にあたり、「ちょっと不思議でイタズラな女の子を演じた」と話しているので、まさに狙い通りの演技だったと言えるでしょう。

Sponsored Link

黒島結菜の意外なデビューのきっかけ!?

このようにデビュー間もなく注目を集め、2015年には「今年の顔」とまで言われた黒島ですが、デビューのきっかけは実に意外なものでした。

先ほどお話しした通り、ウィルコム沖縄のイメージガールコンテストにて、沖縄美少女図鑑賞を受賞したことによって、芸能界の道に進むことになったのですが、そもそもオーディションに応募したきっかけは、母親からの勧めだったのです。

「絶対に女優になりたい!」といった熱意があったわけではなく、もともと母親から自己アピール力をつけるように言われていたので、社会勉強のためにオーディションを受けることにしたのです。

元々は、お母さんに『自己アピール力をつけなさい』って言われて、社会勉強という意味で、沖縄で開催されたオーディションを受けたんです。“絶対に女優になりたいです!”っていう気持ちで受けたオーディションではなかったんです

出典:デビュー

社会勉強のためにオーディションを受けることにしたのですが、「沖縄美少女図鑑」の撮影が楽しかったので、事務所に入ることを決めて、レッスンを受けながら興味を強めていったのでした。

レッスンをしてくれた先生が一人ひとりに向き合い、お芝居の楽しさを教えてくれたお陰であると、黒島は振り返っています。

目、眉毛、髪型、演技があの大物女優を彷彿とさせる!?

母親の勧めによってオーディションを受けたとは言え、素材として素晴らしく、自己アピールもできたからこそ、評価されたことは間違いありません。

そしてお芝居のレッスンを受け、色々な作品に出演することによって、原石が磨かれていきました。

それは多くの人が感じているところで、例えば、コラムニスト、コンサルタント、タレントインタビュアー、テレビウォッチャーの木村隆志氏によると、黒島はある大物女優を彷彿とさせるのだと言います。

ある大物女優とは、男女ともに愛されている人気女優の深津絵里

黒島の黒い目、黒く太い眉毛、黒い髪、髪型(ショートカット)、さらには演技まで、デビュー当時の深津を思わせ、さらには、ドラマデビューした年齢や役柄といった共通点もあると。

黒い瞳、黒い太眉、黒髪、さらにショートカットは、いずれも黒島とシンクロしている。

力強さとピュアさを感じる演技もオーバーラップ。奇しくも深津の連ドラデビューも同じ17歳の『予備校ブギ』だった。

出典:マイナビニュース

黒島がドラマデビューしたのは、17歳の時に出演した「アオイホノオ」であり、柳楽優弥演じる主人公の焔モユルに迫る女子大生の津田ヒロミを演じました。

黒島結菜の意外なデビューのきっかけ!?眉毛、髪型、演技があの大物を彷彿とさせる!?

一方で、深津がドラマデビューしたのも17歳の時の「予備校ブギ」であり、織田裕二演じる橘薫につきまとうフリーターの島岡真弓を演じているのです。

こうしたところまで共通点を見出している理由の一つは、黒島への期待値の高さの表れと言ってよいのではないでしょうか。

また、黒島は「飽きられない女優になりたい」と語っていて、その点も深津に通ずるところがあると感じます。

“飽きられない女優さんっていいな”って思うようになって。だから、たくさんの作品に出ても、“見ていて飽きられない女優さん”になりたいなって思います

出典:デビュー

確かに、人を強く惹きつけるものがあっても、演技がワンパターンであったり、底が見えてしまうなどの理由から飽きられてしまっては、長きにわたって女優として活躍することはできませんよね。

この若さでそこを押さえているのであれば、将来はきっと、深津のように男女ともに愛され続ける女優になれることでしょう。

【関連記事】
森川葵とぱるるの意外すぎる関係!?坊主頭を「渇き」で披露するも峯岸みなみ化!?

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事

コメントを残す