武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?2006年に開催された「第11回全日本国民的美少女コンテスト」をきっかけに活動を始めて、モデルや女優として活躍中の武井咲。その美貌は誰もが認めるところですが、スタイルに関しては、「美脚大賞」を受賞するも「足太い」の声が寄せられたとか。また、ドラマ「ライアーゲーム シーズン2」であの役を熱演!?

Sponsored Link

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?

武井と言えば、とても整った顔立ちで、パチッと大きなツリ目や美肌、爽やかな笑顔など魅力満載。

そして、ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(2016年7月)が放送された22歳の時には、視聴者から「顔に年齢が追いついた」という声が寄せられた通り、大人の女性としての魅力を増していることが確認できました。

このように誰もが認める美貌を持ち、綺麗に歳を重ねていくであろう武井ですが、スタイルに関しては、「クラリーノ美脚大賞」を受賞するも「足太い」の声が寄せられていたようです。

「クラリーノ美脚大賞」というのは、クラリーノ美脚大賞実行委員会主催による美脚を持つ女性有名人に贈られる賞

武井は2014年に「第12回クラリーノ美脚大賞2014」の20代部門に選ばれたのです。

過去にさかのぼると、武井と同じ20代部門としては、相沢紗世、長澤まさみ、黒木メイサ、石原さとみ、上戸彩といった日本を代表する美脚女優達が受賞しています。

そしてその授賞式が2014年11月5日に都内で行われた際、そこでの武井を見たネットユーザーからは、意外にも「足が太い」という声が寄せられたのです。

武井咲に美脚のイメージなんて全然ない。

武井咲って短足だし太いよね…

また、美脚の安売り…。

武井自身、「足にコンプレックスを持っていた」と話していますが、それでも女優のコンプレックスというのは、一般人から見ればレベルが高い話であることがほとんど。

足は細くないので、本当に好きじゃない。だから、いつもどうやったらキレイに見えるか、工夫してます。え?ホント?いいのかな?って(両親にも)言われました

出典:スポニチアネックス

実物は皆が思ってるより遥かに細いし綺麗だったよ。
やっぱり一般人とは土俵が違う。

そのため、謙虚さから出たコメントかと思いましたが、武井が身を置くのは芸能界。

他の美脚女優と比較した時には、見劣りするという印象を受けました。

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

例えば、第7回(2009年)20代部門受賞者の長澤まさみや、第9回(2011年)30代部門受賞者の米倉涼子、そして榮倉奈々や西内まりや等と比べると、少しばかりたくましさを感じます。

ですから、目の肥えたネットユーザーが美脚を否定する気持ちは理解できます。

ただ、授賞式一日の画像だけでは、その日の調子であったり、撮影アングルが太ましく見える原因となっている可能性がありますから、別の画像も確認してみましょう。

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

こちらの画像でも、少し太め、しかも短めに見えてしまっていますね・・。

とはいえ、別日には美脚に見えることもありますし、20代のうちに美脚に近づいていく可能性もあります。

それに美脚ではないにしても、武井はビジュアル、笑顔、声、演技といった武器をたくさん持っています。

多少しっかりした足が好みという男性ファンもたくさんいることでしょう。

ですから、美脚大賞を受賞したことに恐縮せず、足にも自信を持って欲しいものです。

Sponsored Link

ライアーゲーム2であの役を熱演!?

2006年全日本国民的美少女コンテストでモデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞してモデルとなった武井は、着実に国民的女優への道を進んでいます。

デビューから5年経った2011年には「上半期に最もブレイクしたと思う若手女優」の第1位に選ばれていて、

1位には、“白戸家シリーズ”など話題CMに立て続けに出演、今期のドラマ『アスコーマーチ』(テレビ朝日系)では連ドラ初主演も果たした、新進気鋭の17歳【武井咲】が選ばれた。

出典:ORICON STYLE

2011年以降は多くの作品で主演に抜擢されるなど、快進撃を続けていますから。

例えば、2015年7月のドラマ「エイジハラスメント」で演じた主演の若くて美しい新入社員・吉井英美里役。

吉井が強い正義感を持って社内の問題を解決していく様は非常に痛快で、決めぜりふである「テメェ、五寸釘ぶちこむぞ!」はOL版半沢直樹と言われるほどキマっていると話題になりました。

それに加えて、見た目は今までどおりの清楚なイメージを保った水色の制服姿ということで、そのフレッシュさに魅了された男性ファンはテレビの前でくぎづけに。

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

しかし、デビュー間もない頃からこういった主演を任されることは少ないですから、武井も2009年のドラマ「ライアーゲーム シーズン2」の脇役といった下積みをした時代もありました。

そして武井が「ライアーゲーム」に出演していた事実は、意外と知られていないようです。

ドラマ「ライアーゲーム」とは、人気漫画を原作とした、戸田恵梨香と松田翔太が主演を務める作品。

バカ正直で優しい心の持ち主である神崎直(戸田)は、大金を奪い合うライアーゲームに巻き込まれながらも、プレイヤー全員が助かることを第一に考えて行動していきます。

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

武井はこの作品のシーズン2において、「天使と悪魔ゲーム」から登場した佐伯ヒロカを演じていました。

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

武井咲が美脚大賞受賞も「足太い」の声!?ライアーゲーム2であの役を熱演!?

佐伯はプレイヤーの一人として目立つ存在ではありませんでしたし、当時の武井はブレイク前、そして実年齢16歳ながら20代前半のように見える役。

そのため、リアルタイムでライアーゲーム2を観ていた時に、佐伯を武井と認識していない方(武井のことを知らなかった)はわりと多かったということです。

それでも、ここから1年後の2011年1月のドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」では、準主演の佐伯ひかりに抜擢されているので、ものすごいブレイクの仕方だと思います。

もちろん、所属事務所であるオスカープロモーションの推しもあったのだろうと思いますが、これまでハイティーン向け雑誌「セブンティーン」のモデルやドラマの脇役などで力をつけてきたからこそ、開花したのでしょう。

また、こういった話を聞くと、脇役として光っている若手女優に注目したり、人気女優の下積み時代の作品を改めて観るといった楽しみ方があることに気づかされますね。

【関連記事】
武井咲が佐藤健と共演で「寂しかった」の意味深発言!?左手薬指にTAKAHIROからの指輪!?

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます。

コメントを残す